思い込みがしんどいときの対処法とは?原因や影響も解説

ストレス社会といわれている近年では、「思い込みが激しくてしんどい」と感じる人が増えています。自分の思い込みが原因で心身ともに疲れているという人も多いのではないでしょうか。

思い込みや先入観が強くなると状況を正しく判断できず、ストレスや不安、イライラなどのマイナス感情がたまってしまいます。周囲の人に迷惑や不快感を与えることもあるので注意が必要です。

そこで本記事では、思い込みがしんどい状態になってしまう原因や、回避するための方法などを詳しく解説します。

そもそも「思い込み」とは何か?

思い込みとは、自分の先入観や予想、想像などに基づいて、事実や現実を曲解してしまうことです。思い込みが激しいと自分が信じ込んでいることに固執し、客観的な情報や事実を受け入れにくくなってしまいます。

思い込みは悪い面だけではありません。創造力や直感力を高め、自己確信や自己励起につながるという良い面もあります。

しかし、現実的には「誤解やトラブルの原因」「ストレスや不安などのマイナス感情」など、悪い結果につながるケースがほとんどです。

思い込みがしんどいと感じる原因3つ

思い込みがしんどいと感じる主な原因は、次の3つです。

1.自分を基準にして情報を選択してしまう

2.心理的な安定を求めている

3.自己肯定感が低い

それぞれ詳しく見ていきましょう

自分を基準にして情報を選択してしまう

先入観や過去の経験、価値観などのフィルターによって情報を選択的に受け取ってしまうケースです。情報の選択が激しくなると認知する世界が偏ってしまい、客観的な事実や情報を見落としてしまいます。

心理的な安定を求めている

人は心理的な安定を求めるために、現実を曲げる傾向があります。これを心理学において「認知バイアス」と呼ばれます。特に不確実な状況下では、不安や恐怖を緩和するために都合の良い解釈をしてしまいがちです。

自己肯定感が低い

自己肯定感が低いと、自分の世界を信じて自己確信や自己励起を図るために思い込んでしまうことがあります。思い込みが激しくなると「自分はダメだ」「自分にはできない」というような考えが頭をよぎり、自分の能力や可能性を過小評価してしまいます。

思い込みがもたらす悪影響

思い込みがもたらす悪影響には、さまざまなものがあります。

仕事上の悪影響として考えられるのは「自分が信じていることに固執することで、客観的な情報や事実を見落としてしまう」というケースです。このような思い込みは誤った判断や決定につながり、失敗やミスを起こしやすくなります。

また、自分が信じ込んでいることに反対されると相手を説得できず、人との対立や不信感につながることがあります。人間関係のトラブルや不和が生じることもあるでしょう。

信じ込んでいたことが間違っていた場合に、自己否定や自己嫌悪の感情に陥る人もいます。このような状態になると、新しいことへの挑戦を避けたり、自分の成果や強みを認められなくなったりして、自己否定感がさらに強くなってしまいます。

思い込みやすい人の特徴

思い込みが激しい人には、次のような特徴があります。

・自分自身の意見に固執する傾向がある

・情報を収集する前に結論を出してしまう

・先入観や偏見を持ちやすく、その影響を受けやすい

・相手の言葉や行動を自分に合わせて解釈してしまう

・自分の体験や感覚に基づいて物事を判断することが多い

・マイナス思考

・外部の情報や意見に耳を傾けることが少ない

・感情的になりやすい

ただし、必ずしも原因が明確に特定できるわけではありません。複合的な要因が影響しているケースも少なくないのです。いずれにしても、ここで紹介した特徴に当てはまる人は、自分を冷静に見つめ直す必要があるでしょう。

思い込みがしんどいときの対処法5つ

思い込みがしんどい時には、次のような方法を試してみましょう。

1.冷静になる

自分の感情や思考を1度リセットして、状況を冷静に判断するよう心がけてみましょう。

2.再確認する

他の人との対話や情報収集を積極的に行ない、自分の思い込みが正しいかどうか確認しましょう。

3.視点を変える

思い込みに固執しないためには、別の視点から状況を見るように努めることも大切です。

4.気分転換する

ストレスや不安を抱えているときは、運動や趣味、瞑想などの気分転換を取り入れて思考をリフレッシュさせましょう。

5.専門家の意見を聞く

思い込みが深刻な場合は、心理カウンセリングや専門家のアドバイスを受けてみるのも、ひとつの方法です。

まとめ

思い込みとは、自分が抱く先入観や予想などに基づいて、事実や現実を曲解してしまうことです。思い込みが激しいと客観的な情報や事実を受け入れにくくなってしまいます。

思い込みが激しくてしんどい人は、今回ご紹介した対処法を確認して、ストレスフリーな毎日を送れるようにしましょう。なかなか解消しない場合は、専門家の意見を聞いてみるのも方法のひとつです。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です